辛いうつの症状を改善しよう〜うつを悩みを討つ〜

頭を抱える女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

症状が異なる

まずは受診して下さい

笑顔で案内する看護師

うつ病には様々な種類がありますので、あらわれる症状も人によって異なります。 ですから、一見するとうつ病ではないと思うような症状もありますので、体や心の異常を感じた場合はできるだけ早急に医療機関へ受診して下さい。 医療機関では、まずその症状の原因を調べます。 体のどこにも症状の原因が見られないような場合には、精神的な病気を疑うことになります。 様々な診療科がある総合病院などでは、例えば内科で受診をした場合でも、内科的な病気ではないと判断した場合には、精神科や心療内科などの適切な診療科で再診を受けることができます。 同じ病院内でしたら患者の情報を共有することができますので、再診がスムーズにすすみます。 早く症状の原因を突きとめることができれば、その分早く病気も回復へ向かいます。 医療費については、精神的な病気であっても医療保険を利用することができますので、一般の成人でしたら3割負担となります。 高齢者の方でしたら2割負担や1割負担の場合もあります。 小学生や中学生でしたら、地域によっては公費負担を受けることもできますので、無料で治療が受けられます。 ぜひこれらを利用して医療機関へ受診して下さい。

周りの理解が大切です

うつ病の種類には様々な症状を引き起こすものがあります。 体にあらわれる症状もありますので、原因不明の吐き気や倦怠感などの症状がある場合は、うつ病を疑うこともあります。 このように、体に異常が出る種類のうつ症状を仮面うつ病と言います。 仮面うつ病は特に周りから理解されにくいため、発見されることが遅れることが多いです。 また、冬場の時期にだけ発症する冬季うつ病も、なかなか理解されにくい症状です。 近年では、うつ病を発症する方が多くなってきましたが、周りからの理解度はまだまだ低いと言えます。 ひとことでうつ病と言いましても、このように特殊な種類もありますので、それを多くの方に知って頂き、うつ病の方に対して正しい接し方をして頂くことが必要です。