辛いうつの症状を改善しよう〜うつを悩みを討つ〜

頭を抱える女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

種類と共通点

うつ病の種類について

資料を書いている看護師

うつ病の種類について考察いたします。 うつ病の種類には様々ありますが、それらには共通点があります。ネガティブ、自尊感情の欠如、漠然とした不安、焦燥感などです。 バランスのとれた精神状態で今を生きているとき、人は将来を悲観していません。自尊心に満ち、落ち着いています。そのような状態から外れている人は、誰もがうつ病の危険性があると言えるでしょう。 うつ病とはいえないまでも、うつ状態であれば、誰しもが少なからず経験するものです。恋愛に失敗したり、受験に失敗したり、就職に失敗したり、事業に失敗したり、人間であれば、何かしろの失敗は経験するはずであり、それを通じて成長するものなのです。うつ病も同様で、そのような失敗を通して、人間的に大きく成長するための糧とすれば良いのです。

うつは成長のためにある

うつは成長のためにあると言えるでしょう。うつそれ自体は社会的にも、個人的にも、決して成功体験とは呼べないでしょう。失敗と言ってもよいです。しかし、その失敗を通してしか、人は成長しません。 うつには種類がありますが、そのどれもが、成功体験とは無縁です。それだからこそ、その後に栄光があると言えるでしょう。 うつ病になるには必ず原因があります。その原因を正しく突き止める必要がありますが、多くはそれが見えないのです。うつ病による処理能力や認知能力の低下もありますが、本来的に、利己的な思考をするとき、人は不満感や不安感を覚えます。そのような思考をやめて、寛大で愛のある思考を心がけると状況が改善されていくことでしょう。 うつ病の種類と共通点についての考察でした。