辛いうつの症状を改善しよう〜うつを悩みを討つ〜

悩んでいる女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

New Posts

うつ病の種類

悩んでいる中高年女性

うつ病はストレス社会と言われている現代で発症するリスクの高い危険な病の一つです。うつ病には様々な種類があり、原因となるものや症状も人によって変わって来ます。うつ病を発症するリスクを少しでも抑えるようにしましょう。

More...

うつ病の種類

笑顔の看護師

うつ病には様々な種類がありますが、診断が難しいものも少なくありません。うつには単極性と双極性がありますが、双極性にもかかわらず、単極性と診断されることもあります。普段からうつ病に関する基礎知識を備えておきましょう。

More...

うつ病の種類

複数の看護師

うつ病の症状は、何事に対してもやる気がなくなります。風邪に似た症状が現れることもありますので、専門の病院かクリニックを受診して下さい。「双極性うつ病」と呼ばれるものは見分けがつきにくいので注意しましょう。

More...

症状が異なる

笑顔で案内する看護師

体や心に原因の分らない症状が出たら医療機関で診察を受けて下さい。うつ病と診断された場合医療保険は適用されます。症状の種類によってはうつ病と分りにくい場合もあります。うつ病に関する知識が向上していくことが望ましいです。

More...

種類と共通点

資料を書いている看護師

うつ病には種類があります。どれもがある共通点を持ちます。それは認識の偏りです。本来はポジティブな情報もあるのに、ネガティブしか見えないとき、それは認識が偏っている証拠です。物事を広く見ることで、状況が改善していきます。

More...

様々な種類のうつ病

2種類のうつ病とは

心と体に意欲を失わせるうつ病は、脳内の情報を伝達する物質のバランスが崩れる事で生じるといわれています。うつ病にもさまざまな種類があり、症状こそ似ていますが、治療法が異なるため、精神科でも慎重な診断が必要になります。薬物療法で使用する薬も種類により異なり、投与薬は副作用の出にくいさまざまな種類のものが開発されています。自分の体質に合う治療薬を選ぶことができ、合わない時には早期に違う薬へ変更することもできます。うつ病は大きく分けて単極性気分障害と双極性気分障害に分かれます。単極性は躁の状態がなく抑うつ状態のみ発症し、双極性は躁とうつの状態が波のように表れ、気分の高低差やサイクルが短くなるにつれ悪化していきます。

最近の気分障害とは

うつ病の症状のほとんどが単極性気分障害といわれ、中高年を中心に発症し、特に女性に多く表れます。治療薬は抗うつ剤を中心に投与し、認知行動療法と合わせて治療していきます。一方、躁うつ病といわれる双極性気分障害は、うつ病の中でも発症がやや少なく、20代を中心に男女差なく表れます。躁の状態のときは感情的で話が止まらず、ブレーキが効かなかったり疲労感を感じなかったりします。治療には気分安定薬や抗精神病薬を使用します。躁とうつのサイクルや起伏を抑えるのが課題です。最近のうつ病の種類に、パニック障害や社会不安障害など、見た目にはうつ病に見えない非定型うつ病があります。午前中は穏やかな気分が、夕方から夜にかけて大きな不安感が生じ、イライラ感が高まったりや体調が不安定になります。さまざまな種類のうつ病には家族や友人の協力が不可欠です。お互いちょっとした変化に気が付いてあげる事が大切です。

公的制度が利用出来ます

うつ病は現在老若男女に増えている病気です。このうつ病にはいくつか種類があり、原因となる要因もそれぞれ異なる傾向があります。うつ病を治療する場合には、通常1年から数年が必要になることが多く、時に経済的な問題を抱えることもあるのです。最近では各企業の傷病手当なども充実しているため、そのような制度が使える方もいます。また、うつ病という診断が下されれば精神疾患の自立支援制度が利用出来るため、実質的な負担は大幅に軽減されるのです。 こういった公的制度は、所得水準に応じて自己負担額が変わってきます。平均的な所得の方の場合には、1ヵ月5千円から1万円程の負担となるのです。このような制度が利用出来ることを知っていれば、治療もスタートさせやすくなります。

症状が多様化しています

これまでの典型的なうつ病とは少し違った種類のうつ病が増えてきているのが、最近の状況です。従来のうつ病では、あらゆることに興味を失い、自己肯定感が明らかに低下するといった症状が多く見られました。ここ数年はより複雑な症状を呈する新たな種類のうつ病が増加しています。 このような新しいうつ病は、気持ちの変動が激しく常に落ち込んでいる状態ではないという特徴があります。トラブルに際しても他人のせいにする傾向があり、自責の念にかられる従来の症状とは一線を画しているのです。また、更年期や高齢期に多いホルモンの影響によるうつ病も、昨今は増える傾向にあります。種類が増えていることで、診断の際にも一層の注意が必要になっているのが現在の状況なのです。